スポーツによるケガについて|茅ヶ崎市の接骨院、整骨院

  • 〒253-0043
    神奈川県茅ヶ崎市元町5-29 ライブリーⅢ 1F

    0467825140
  • 【電話受付】8:00~12:30 / 15:00~20:30
    ※土曜は17:00まで。日祝休み

  • お問い合わせ

スポーツによるケガについて

スポーツによるケガは①早い治療、②患部の保護、③同じケガを繰り返さないための体の使い方の調整が重要です。当院では、プロスポーツ選手、趣味でスポーツを楽しまれている方、部活動などでケガをしたお子様など、あらゆる方の治療にも対応しています。

主な症状と治療について

野球肘

ボールを繰り返し投げることで肘に過度な負担がかかり、肘を保護している軟骨、筋肉、靭帯などが損傷し、痛みを生じるものです。
急性期には患部を保護することを第一に治療を行います。超音波画像診断装置を使用して患部の状態を確認しながら、治療方針を決定します。痛みが出ている場合は動かさないことが一番ですが、「次の試合がある」などという場合は患者さんとお話しながら最善の策を行っていきます。

テニス肘

テニスをする方に多くみられるためこのように呼ばれていますが、ラケットを使用するスポーツ全般で起こりやすい症状です。正式には、上腕骨外側上顆炎または上腕骨内側上顆炎と呼ばれるもので、スポーツ中以外にも、ものをつかんだり腕を返したりするときに痛みが出ることが多いようです。
肘だけでなく腕全体をほぐして血行を促進させることで回復が早くなります。肘だけでなく腕全体をほぐして血行を促進させ、症状により電気を使い分け、早期回復を心がけます。

アキレス腱損傷・肉ばなれ

アキレス腱損傷や肉ばなれは急性期の強い痛みが特徴です。まずは無理をせず安静にすることが肝要です。急性期には患部の痛みと炎症をとることを第一に治療を行い、痛みが落ち着いてから本格的な治療を早期的に行います。日常生活で脚に負担がかからないように、体の動かし方のアドバイスも行います。

捻挫

適切な治療を行わないと、後々まで痛みが残ることがあります。急性期にはテーピング等で固定して、動かさないことが重要です。足首の治療のほかに、捻挫の原因となった部位の調整も行います。

ページトップへ戻る